アプリ管理ツール、色々ありますが私の使用遍歴はこんな感じです!

  1. Station のみ
  2. Station / Rambox で使い分け
  3. Biscuit / Rambox で使い分け

それぞれどういう使い方をしていたのか、なぜ使い方を変えたのかについて書いていきたいと思います。

Station のみ

「アプリもフォルダもブラウザタブも開きすぎて迷子問題」に悩まされていたころ、初めて出会ったアプリ管理ツールが Station でした。
Station: https://getstation.com/

とにかくよく使うアプリやサービスと、逆に、わざわざ開くのがめんどうでついほったらかしになってしまいがちなサービスを、登録して使い始めました。

登録したアプリ・サービス

  • Slack ワークスペース4種くらい
  • Discord
  • Facebook Messenger
  • Google Calendar
  • Google Map
  • Google Drive
  • GitHub
  • Todoist

最初はこのくらいで使っていました。

Station は、登録できるアプリの種類がかなり多く、登録したアプリがアイコンでコンパクトに表示されるのが素敵です。

不便さを感じるようになる

ところが、仕事を続けるにつれ、段々と Slack のワークスペースが増えてきました。今は7つあります。Station の枠を圧迫。

やり取りをしながら他のアプリを使いたいこともあって不便さも感じるようになりました。
たとえば、Slack でやり取りをしながら GitHub の issue を確認したいとき、別窓で開くことも可能ですが、そうすると結局「開きすぎて迷子問題」が再発してしまうんですよね;

結局 GitHub はブラウザで開いて……みたいな使い方になって、Station は Slack メイン、たまにスケジュール確認用、になりつつありました。

その上、Station で Slack を開いていると突然アプリが落ちる現象が見られるようになりました。
Station と Slack の相性なのか、Station と 私のPCの相性なのか、たまたまなのか、原因は不明で、解決策も見つかりませんでした。

Station / Rambox で使い分け

そんなとき、とある方から「メッセージアプリと業務アプリで分けて使ってる」という話を聞きました。

なるほど!

というわけで、その方が使っていた Rambox を導入し、メッセージ系のアプリはそちらへ移行。空いた分、Station にアプリを追加しました。
Rambox: https://rambox.pro/

Station に登録したアプリ・サービス

グレーは元々登録されていたものです。

  • TweetDeck
  • Facebook
  • Discord
  • Google Calendar
  • Google Map
  • Google Drive
  • GitHub
  • Todoist
  • One Drive
  • Dropbox
  • Dropbox paper
  • Backlog
  • Skype

Rambox に登録したアプリ・サービス

  • Slack ワークスペース7つ
  • Facebook Messenger

Rambox は、各アプリが画面上部でブラウザタブのように表示されます。タブごとに任意の名前を付けられるので、Slack のワークスペースを見分けやすくなりました。
新着通知の印も、Station より見やすいので、メッセージのやり取りには Rambox のほうが向いていそうです!

アプリ内のリンクや DL ファイルは、ブラウザで処理される形になります。
Slack 内で直接共有されたデータも、ブラウザを介して都度保存先が指定できるようになりました。私としては、これ、とても便利で助かってます。

ただし、メニューなどの UI は日本語対応していません。
最初は少し不安かも知れませんが、普通に使う分には特に困らないです。

Station で使いにくいアプリ・サービスがある……

One Drive や Dropbox を新たに追加しましたが、フォルダを開くたびに新規ウィンドウで開かれます。

アプリ内でページ移動をした際に、元いたページに戻りにくいことがあるのもちょっと不便です。

このあたりは、Station を通して使用するアプリ・サービスにもよるので「イコール Station は使いづらい!」ではないです。
ただ、私の使い方にはちょっと合ってないのかも、もうちょっと使い勝手のいいものがあるといいな……

Biscuit / Rambox で使い分け

そんなときにたまたま見つけたのが Biscuit でした。
Biscuit: https://eatbiscuit.com/ja

Biscuit はアプリ管理が出来るブラウザなので、デフォルトで登録できるアプリ・サービス以外にも、URL があれば登録できます。

アプリはグループ分けできて、たとえば「仕事用」「プライベート用」で別アカウントの Google Drive を登録しておく、という使い方も可能です! これはとても便利!
私は、「仕事関係で人とやり取りをする際に使用するツール」「仕事関係で自分の事業を管理する際に使用するツール」「SNSや個人的に使用するアカウント」の3つに分類して登録しています。

アプリごとに画面上部でタブが開くようになっており、Station で新規ウィンドウが開いてしまっていた問題も解決されました。

Biscuit に登録したアプリ・サービス

グレーは Station からそのまま移行したものです。

  • TweetDeck
  • Facebook
  • Discord
  • Google Calendar
  • Google Drive
  • GitHub
  • Todoist
  • One Drive
  • Dropbox
  • Backlog
  • Gmail(仕事用)
  • Gmail(プライベート用)
  • Google Drive(プライベート用)
  • Amazon
  • Google Analytics
  • Google Search Console
  • Freee

個人的には Freee を登録できたのが嬉しかったです。
登録数は増えましたが、グループ分けできるおかげで煩雑にならずに管理できています。いい感じです!

Rambox に登録しているアプリ・サービス

  • Slack ワークスペース7つ
  • Facebook Messenger

こちらは変わらず、据え置きです。

しばらく Biscuit と Rambox で使ってみる

Biscuit も、DL時に都度ファイルの保存先を選べるといいのですが、現状その機能はありません。
要望としては多いため実装検討中、ということらしいので、楽しみに待つことにします。

↑Buiscuit のアップデートにより、DL時にファイルの保存先を選ぶよう設定可能になりました!
これでますます便利になりましたよ!

他にも「これ便利だよ!」というものがあればぜひ教えてくださいー。

この記事を書いた人

ひしもち

京都の某制作会社で4年ほど勤務したのち、フリーランスとして活動することにしました。
現在の主なお仕事は、業務システムのUIデザインと、幼稚園・保育園さまのWebサイト制作です。
専業主夫+3人の子どもたちと暮らしています。ゲーム好きなインドア派ですが、ゆるゆる楽しむプレイスタイルです。