Webデザイナーを目指して勉強を始めてから実際にWebデザイナーとして働き出すまでの間に書いた記事です。
関係ないこともちょっと書かれています。
内容は2015年2月14日に書かれたものです。


2月14日、ついに、「ムジュラの仮面3D」の発売日です!

先月の私の誕生日に夫が予約してくれていたので、一家総出で受け取りに行ってきました(笑)
末っ子くんが生まれてからは近所にしか出掛けておらず、電車に乗ってのお出掛けは久しぶりです。長女(5歳)大喜びで、ひとりミュージカルみたいに延々歌い喋っていました(^-^;

で、せっかく外に出たんだから、コーディング(主にCSS)の勉強用に本を買おう!と思い、本屋さんで物色。でも初心者用っぽいのだけでも色々ある……。

ネットでおすすめされているものも人によって様々だし、「テッパンはこれ!」という一冊はないのかなーという感じ。同じコーナーで本を立ち読みしている男性がいて、「ひゃー、プロの方かしら?」なんて思いつつ横から手を伸ばして選んできました。

よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第2版】 / 大藤幹(著) / マイナビ

これ。パラパラめくってみた感じ、図がしっかり大きく入って読みやすそうだったのと、巻末にHTML5要素の配置ルールが一覧で記載されていたのが決め手です(一覧資料好き)。
表紙もチャーミングだし。

デザインの基本的な本も欲しかったけれど、いっぺんには読めないし、お財布もずいぶん軽かったので(笑)また今度!

この記事を書いた人

ひしもち

京都の某制作会社で4年ほど勤務したのち、フリーランスとして活動することにしました。
現在の主なお仕事は、業務システムのUIデザインと、幼稚園・保育園さまのWebサイト制作です。
専業主夫+3人の子どもたちと暮らしています。ゲーム好きなインドア派ですが、ゆるゆる楽しむプレイスタイルです。